さんずい偏

さんずいへんに歩で「渉」は何て読む?

投稿日: / 57

読み方

  • 音読み:ショウ
  • 訓読み:わたる、かかわる

意味

溝や川などを渡るという意味がある。様々な場所や人に見て聞き回るという意味もある。また、関わるという意味もある。

名字の例

渉里(わたり)、利渉(りしょう)、渉澄(わたずみ)

熟語の例

三豕渉河(さんししょうか)、内政干渉(ないせいかんしょう)、不渉階梯(ふしょうかいてい)、跋山渉水(ばつざんしょうすい)

-さんずい偏

Copyright© 漢字ミックス - 部首つくり検索 , 2021 AllRights Reserved Powered by STINGER.