木偏

木へんに行で「桁」は何て読む?

投稿日: / 549

読み方

  • 音読み:コウ
  • 訓読み:けた

意味

橋を支えるために川に渡した棒の事を桁という。また、そろばんの珠が通っている棒も桁といい、これが数字の桁の由来と考えられる。

また現代で言うハンガーラックの事を過去には衣桁といい、服をかけておく事に使われた。

名字の例

井桁(いげた)、弓桁(ゆみげた)、八桁(はけた)、樋桁(ひげた)

熟語の例

簓桁(ささらげた)、桁違い(けたちがい)

-木偏

Copyright© 漢字ミックス - 部首つくり検索 , 2020 AllRights Reserved Powered by STINGER.