木偏

木へんに冊で「柵」は何て読む?

投稿日: / 56

読み方

  • 音読み:サク
  • 訓読み:しがらみ、とりで

意味

木や竹で囲いを作って、入れないようにするもの「防護柵」。冊が柵のように見えるので見た目から当てられた漢字と考えられる。

思いや人間関係が複雑に絡み合うしがらみという意味もある。

また、小さい城「とりで」という意味もある。

名字の例

柵木(ませき)、柵山(さくやま)、柵瀬(さくらい)

熟語の例

磐舟柵(いわふねのさく)、防護柵(ぼうごさく)

-木偏

Copyright© 漢字ミックス - 部首つくり検索 , 2020 AllRights Reserved Powered by STINGER.