木偏

木へんに冬で「柊」は何て読む?

投稿日: / 55

読み方

  • 音読み:シュウ
  • 訓読み:ひいらぎ

意味

柊はモクセイ科の木の一種で日本にも広く分布する。葉には棘があり、ヒリヒリする事から「疼ぐ(ひいらぐ)」→「柊(ひいらぎ)」となった。棘があるので触ると痛い事から古来より邪鬼を退けると信じられている。冬に白い花を咲かせるため、木へんに冬が付いたと考えられる。

名字の例

柊(ひいらぎ)、柊山(ふきやま)、柊平(くいひら)、柊崎(くきざき)

熟語の例

柊草(ひいらぎそう)

-木偏

Copyright© 漢字ミックス - 部首つくり検索 , 2020 AllRights Reserved Powered by STINGER.