木偏

木へんに登で「橙」は何て読む?

投稿日: / 242

読み方

  • 音読み:トウ
  • 訓読み:だいだい

意味

ミカン科の木でダイダイと呼ばれる種は「橙」の漢字が使われる。インド原産で中国を介して日本に伝来した。食用には適さず、マーマレードや調味料に活用される。蜜柑同様オレンジ色で、日本語でだいだい色と呼ばれるのはこの果実の色からきている。つまりオレンジ色ということである。

橙は正月飾りにも用いられるが、橙の由来は「代々」で代々栄えるように願いを込めた縁起物である。

また、腰をかける椅子という意味もある。

名字の例

橙(だいだい)、橙木(とうぼく)、橙田(とうだ)、橙山(とおやま)

熟語の例

橙黄色(とうこうしょく)

-木偏

Copyright© 漢字ミックス - 部首つくり検索 , 2020 AllRights Reserved Powered by STINGER.